婚約者との一夜を思い出すと熱くなる

今年の正月、俺は彼女(明子)の両親に婚約の挨拶に行った。快く受け入れられ、帰りは東北の温泉旅館で一泊する事にした。旅館に着いたのは夕方。食事を済ませ温泉にのんびり浸かり部屋に戻ると、すでに畳の上に布団が並べて敷かれていた。明子もまもなく戻り「無事に済んでよかったね」なんて話をしばらくしていた。

落ち着いたところで明子を抱きたくなった。肩を抱き寄せ、唇を重ね、舌を絡ませながら浴衣の中に手を入れ、明子の乳房を揉んだ。明子を仰向けに寝かせ浴衣の帯をスルスルと引っ張ると前が肌蹴て明子の白い肌、青い血管の浮いたふくよかな乳房が現れた。

記事元で続きを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする